石ころの標本作りを実施しました!

10月21日(日)、小木扇の市と同時開催された「キッズお仕事体験」にて、佐渡ジオパーク推進協議会は小学生を対象に、石ころの標本作り体験を行いました。
石ころを観察したり、その石ころがどうやってできたのかを考えたりする研究者もいることを紹介しつつ、参加者には島内で見られる4つの石を使い、標本をつくっていただきました。ヒントをもとに石を選んでいき、正解すると参加者からは「やった!」と歓声があがっていました。
石ころは私たちにいろいろなことを教えてくれます。石や地層、大地を守っていくことや、その重要性を伝えていくことも研究者の大切な仕事のひとつです。

研究者のお仕事について、専門員がお話ししました

まずは標本にする石をルーペでよく観察します。

石ころに接着剤を塗り、標本台紙に貼り付けて完成です!

お知らせ

カテゴリー
年間アーカイブ

その他の関連記事

記事一覧を見る