佐渡のみかん

佐渡ジオパーク食の由来

みかん栽培の北限と言われる佐渡のみかん。佐渡の南部地域で栽培が行われています。その理由は、南部地域は対馬暖流が沿岸を流れ、小佐渡丘陵がつい立てとなるため、冬の季節風(北西の風)の影響を受けにくいこと。そして、最も寒い月でも平均気温が5℃と、みかん栽培に適しているからです。

近年の温暖化の影響もあり、小佐渡南岸の斜面は日照時間が長いことなども、みかんを栽培するための好条件になっています。

佐渡のみかんは、雪が降る前の11月から12月にかけて収穫されます。樹で熟したものを収穫するため、コクのある濃厚な味わいになっています。

佐渡島の気候により、さわやかな甘みと程よい酸味が特徴の昔ながらのみかんです。