(日本語) 石磨(いしうす)でたどる金銀山

 View all
  • Beginners
  • Families
  • 1 – 10 people
  • 1 – 2 hours

(日本語) ~黄金の島を作った奇跡の出会い~

(日本語) 佐渡金銀山の繁栄に貢献したもののひとつに石磨があります。石磨に使用された岩石は、金鉱石同様に佐渡島内で産出し、地球活動によって作られたものです。

(日本語)
  •  Geopark Interpretive Panel
  •  Signs
  • Bus Stop

 Itinerary

  • (日本語) きらりうむ佐渡
  • 1(日本語) 大神宮の石垣(夕白町)
  • 2(日本語) 金山第5駐車場(青盤脈の断層面)
  • (日本語) 【オプション】勝場(佐渡奉行所内)
  • 3(日本語) 吹上海岸(石切場跡)

(日本語) きらりうむ佐渡駐車場

(日本語) 海沿いの駐車場で待ち合わせ!

(日本語) 佐渡金銀山のガイダンス施設である「きらりうむ佐渡」の駐車場が集合場所です。

金銀山に関係する知識を得てからのコース開始がオススメです。

 

1(日本語) 大神宮の石垣(夕白町)

(日本語) 石垣の中に不思議な石!

(日本語) 神社の石垣の中に埋め込まれた石磨。佐渡金銀山で必要な石磨が、アートのように埋め込まれています。

石磨と金銀山との関係を探ってみましょう。

2(日本語) 青盤脈の断層面(金山第5駐車場)

(日本語) 佐渡金銀山最大規模の金銀鉱脈跡

(日本語) 長さが約2 km、幅が約6 m、深さは最大で500 m近くまで及ぶ巨大な鉱脈です。

石磨はこれらの金銀鉱脈から採取した鉱石と関係があります。

(日本語) 【オプション】勝場(佐渡奉行所内)

(日本語) 石磨の使い方を実際に見てみよう!

(日本語) 徳川幕府が直接佐渡を管理するために置いたのが「佐渡奉行所」です。勝場(せりば)では石垣に使われていた石磨がどのように使われてたかを再現した展示を見ることができます。

※佐渡奉行所の見学は「オプション」です!見学には別途、見学料の支払いが必要です。また奉行所を見学した場合、ガイド時間は3時間程度となります。

※奉行所見学を希望の場合は、申し込みフォームの「備考」にその旨をご記入ください。

(日本語) 佐渡奉行所の基本情報

(日本語) 住所

(日本語) 〒952-1531 新潟県佐渡市相川広間町1-1

(日本語) TEL

(日本語) 0259-74-2201

(日本語) 営業時間

(日本語) 8:30~17:00

(日本語) 料金

(日本語) 大人/500円,小・中学生/200円,15名以上団体割引あり

4(日本語) 吹上海岸(石切場跡)

(日本語) 石磨の素材を探してみよう!

(日本語) 浜に落ちている石を見ながら考えてみましょう!

石磨にするにはどのような特徴が適していたのか、浜に落ちている石を見ながら考えてみましょう!

※この海岸は国指定の「名勝」のため、石は持ち帰れません。観察したら元の場所へ返します。

From our geo-guide

(日本語) このコースでは石磨と金鉱石という、どちらも佐渡島誕生の中で生まれた岩たちが出会い、人々の鉱山の活動を支えたことを体験して頂けるコースです。

Take a stroll in a geopark!