中級コース第3回目を実施しました!

第9期ジオパーク市民講座中級コースの第3回目が7月25日(水)に実施されました。

17名の受講生が参加し、佐渡島の北部を巡りました。

佐渡の北部は、佐渡でも最も古い岩石や、湯たんぽ代わりに使用したといわれている「温石石(おんじゃくいし)」などが見られる地域です。

受講者からは「説明されないと、景色を眺めるのみ。参考になった。」「2~3億年前にできた岩を今見ることができるのは奇跡的。」等の感想をいただきました。

願大橋で見られる「温石石(蛇紋岩)」。冷めにくい性質を利用し、湯たんぽのように利用されました。

大理石の観察。大理石のもととなった石灰岩はかつて採掘され、相川の鉱山で利用されました。

お知らせ

カテゴリー
年間アーカイブ

その他の関連記事

記事一覧を見る