ジオニュース

ジオパーク市民講座「中級コース」第10回目(閉校式)を開催しました

2017年10月20日、掲載

10月10日(火)に市民講座中級コース(第10回目)が行われ、14名の受講生が参加しました。(この講座で中級コースはすべて終了です)

今回の中級コースのテーマは「佐渡ジオパークとは?」です。

国中平野の水田(江)の説明や加茂湖の地層(なりたち)の話、佐渡博物館で、佐渡の歴史について見学。両津郷土博物館で佐渡ジオパークのまとめをしました。

また、講座終了後、閉校式を行いました。

第8期生の中級コースの受講生は全20名で、そのうち9名が修了証(講座8回以上参加)を授与されました。

受講生からは、「はじめは自分の住んでいる地域の美しい自然について、もっと知りたいという思いでしたが、毎回色んな場所や座学、情熱を持った人たちと交流することができ、大変刺激を受けました。これからもジオパークに関わっていけたらと思います」「春にジオパーク市民講座があると聞いたとき、迷わず参加希望しました。とても勉強になりました」などの感想が聞かれました。

※今年度は、受講生有志による企画も計画中であり、ジオパーク活動が広がっていることが感じられました。

修了証を授与された受講生は、ガイド養成講座を受けることが出来ます。

ガイド養成講座は10月末から12月までの予定です。

舟津江について説明

佐渡ジオパークのまとめ

閉校式(修了証授与)

 

このページの先頭へ