ジオニュース

ジオパーク市民講座「中級コース」第8回目を開催しました

2017年9月11日、掲載

9月5日(火)に市民講座中級コース(第8回目)が行われ、15名の受講生が参加しました。

今回の中級コースのテーマは「西三川砂金山ジオサイト 椿尾石工の里で石仏の歴史と島のなりたちを知ろう」です。

昔、椿尾の石工が盛んだった頃の椿尾石切場の説明や、羽茂のクアテルメ脇で見られる珪藻土の観察。素浜海岸周辺の微化石や断層などを観察し、受講生にとって満足のいく内容でした。

受講生からは、「椿尾石の石丁場とその造形物に感動しました」「瓜生崎の微化石は、こけ虫など肉眼でも見えるものがあり面白かった」などの感想が聞かれました。

椿尾石の性質や歴史、断層や微化石を観察することで、大地の歴史が分かる講座でした。

椿尾石切場について説明

瓜生崎の微化石を観察

このページの先頭へ